自分にニオイについて

どうしても自分の臭いは分からないんだろう

子供の頃の思い出。友達の家に遊びにいくといつも同じニオイがしていました。別に不快でもなんでもありませんが、独特のニオイでした。
でも自分の家のって全然覚えていません。帰省したときに分かるようになりましたが、ずっとそこにいるとだんだん麻痺してくるんでしょうね。
たぶんそれは体臭や加齢臭でも同じなのかなと思います。
本当にあっという間に終わった感じがしますが、まあまあな充実した季節だったかと思ってます。できれば温野菜にした方が良いと思う。あとは言い方はちがうけど口臭サプリメントというのもありみたい。今回はプレゼントはケーキだけだったけど、何より孫を連れて行くのが一番のプレゼントなのかもしれないな。さて、体調も悪くないのですが、そういえば、野菜のジュースを飲み始めてから調子がいいような気がします。汚れをしっかり落とし、余分なものが肌に残らないという理由だそうっだ。ホスファチジルセリンというのが、物忘れにはいいらしいけど、どうなんだろうな。βカロテンを多く含むのはほうれん草や人参らしい。最近、男性にいいらしいノコギリヤシサプリを父にプレゼントした。男性でも女性でも使えるみたいなことがかかれてましたので、それは嬉しいです。もしくはストレッチなどで疲れた体を伸ばしてあげる。一番陥りがちなのは「肌に合うスキンケアアイテムを選べていない」ってこと。彼女にとっては今、自分の肌よりも仕事や家庭に全エネルギーを注ぎ大事に思っていることなのかも知れないのだから。もちろんそれだけが原因ではないとは思いますが、やっぱり野菜や食物繊維は大事だと思いますし。この新陳代謝の流れをスムーズにすることでダイエットを成功させるというのが「酵素ダイエット」の根本的な理論のようだ。シミ・シワ・たるみを招く恐ろしい紫外線について、どれほど知識があるかで予防の仕方も変わってくる。というか、行かせてもらえてないんですよね。ビタミンC誘導体とはビタミンCに類似する化合物の総称で、安定した形で肌に吸収されやすい形に変えたものであり、体内に取り込まれると肌自身が持つ働きによって、皮膚の中でビタミンCになるという成分です。しかしオイリー肌の人はTゾーンなどに油分の多い美容液を塗りすぎるとニキビの原因となるので、気をつけたい。また人それぞれの肌の回復力の差もニキビ痕になるか、ならないかに影響を与えるという。
お肌のトラブルもこんな生活なら仕方ないともいえますが、もっと栄養成分を意識して料理を作らないといけないなって痛感しています。
結局体臭も加齢臭も食生活の影響があるなら、それから対策していったほうがいいかもしれません。